プロフィール

0114.jpg

はじめまして。

オーナーセラピストの前岸(まえぎし)です。

瑠花(るか)というヒーラー名で活動しています。(どちらでもお好きな方でお呼びください)

  

簡単に自己紹介させていただきますので、よろしければお付き合いください。

 

【サロンを開くまで】

兵庫県相生市で生まれ育ち、短大を卒業後は地元の市役所で公務員として18年間勤務していました。

市役所では仕事をする楽しさと厳しさを学び、日々様々な気づきや成長をもらうことができました。

 

 ただ、幼い頃から『使命』や『天職』に強い関心があり、うまく言えませんが、これでいいのだろうか?という違和感をずっと抱えていました。

 

とても悩み、だけど動けず、忘れたふりをして仕事に没頭し、でもイライラやモヤモヤは膨れていく、ということを何年も繰り返していました。

 

でもある時、過労とストレスが重なって鬱の一歩手前のような状態になり、立ち止まらざるを得なくなりました。

 

そこでやっと自分自身と真剣に向き合う覚悟を決めたのです。

 

長く悩んだ末に辿り着いたのは『自分の心の声を無視したまま、現実的な安定を求めても幸せになれない』という答えでした。

 

 

【探求。そしてサロンオープンへ】

この時から私は自分の可能性を探すため、直感とご縁を信じて、リンパドレナージュやアーユルヴェーダ、漢方、スピリチュアルヒーリング等を学び続けました。

 

興味の赴くまま学ぶうちに、『癒す』仕事は自分にとってとても自然で、不思議としっくりきているように感じました。

自分の中に芽生えた感覚を信じて、38歳の時に市役所を退職し、その翌年にサロンをオープンしたのです。

 

 

【新たな挑戦と苦悩の日々】

ただ、サロンワークも集客も未経験で始めたので、最初の頃は悪戦苦闘が続きました。

何度も弱気になり、提供しているサービスに魅力がないんだろうか?自分には向いていないのかな?と自信を失うこともありました。

そんな不安とストレスを抱えていた時、ふと鏡に映った自分の顔がとても老けて見えたのです。

「あれ?いつの間にこんなに老け込んだの?こんなにたるんでたっけ??」と、とてもショックを受けました。

それから必死に今まで習ってきたリンパドレナージュやツボ押し、顔ヨガ、ストレッチ等をしばらく続けました。でも結果はほとんど変わらず・・・。

「もうアラフォーだし、しょうがないのかな・・・。」

と諦めかけていた時に出会ったのが『エンドリングフェイシャル』という小顔矯正の技術でした。

 

 

【たるみ顔からの一発逆転】

エンドリグンフェイシャルというのは、「思考の力」で顔の形を変えるというものです。

最初は説明をきいても「?」が頭に浮かんでいましたが、一度施術を受けるとその変化に目を見張るほどびっくりしました!

あれだけ毎日頑張っても変わらなかったたるみ顔が、たった40分程度の施術で明らかにスッキリしてリフトアップしたのです!!

あんなに悩んで必死にケアしてきた時間と労力、そして美容グッズや美容本へ投資したお金たち・・・。

何だったんだ??と心の中で呟いていました(笑)

この技術はお客様に喜ばれるに違いない!

というかもっとたくさんの人に知ってほしい!!

という想いが沸き上がりました。

私のように無駄な労力と時間とお金を費やさないためにも。。。

 

 

 

【本来の美しさを引き出す小顔矯正】

それから私はエンドリングフェイシャルを学びました。

毎日自分の顔で練習するのですが、「もうこれ以上は変わらないだろう」と思っていても、一週間ごとに写真で見比べるとどんどん若返っていきます!

その喜びと感動は、体験していただいたお客様にも瞬く間に広がっていきました。

施術を受けていただくと、皆様口々に「何だかわからないけどすごく癒された」「すごく気持ちよかった」という言葉が出てきます。

エンドリングフェイシャルはエネルギーで本来の美しいお顔へと整えていくのですが、エネルギーが巡りだすから気持ちよく感じるし、ストレスも一緒に流れて出ていくので「癒された」と感じる方が多いようです。

サロンでは、その人本来の健康と美を引き出す施術を心がけています。

そして、このサロンが皆様にとって『心地よい場所』でありたいと願っています。

あなたがあなたらしさを心から楽しめるように、全力でサポートいたします。

サロンであなたにお会いできる日を楽しみにお待ちしております。

Today's Schedule